【裏ワザ】セフレの作り方

モテ男の最大の条件は、『セックスが上手なこと』。セックス上手な男になる方法とは?

【女を悦ばせる、上質なセックスができる】・・・
これ、イイ男の必須条件。

みなさんは、自分のセックス力に心から自信をもてますか?

基本的に、女がその男と付き合っていけるかどうかを判断する、もっとも大事な要素が、「セックスが上手かどうか」ということなのです。

いくら経済力があろうが、イケメンだろうが、結局は『気持ちの良いエッチをしてくれるかどうか』が決め手となります。
なぜなら、セックス以外の要素は、極端な話、彼氏とかパートナーでなくても満たすことができるから。

・・・ということは、女を悦ばせるセックステクニックをマスターすれば、もはやモテモテということになるのだ。

LINEの恋愛メッセージ ↑↑上記をクリックしてみてください(無料メルマガ登録)

【女性が嫌がる10のセックスプレイ】を知ろう

女性が嫌がるセックスの種類

いわゆる、大人の女性が「彼氏との交際をやめたい」と考える原因として、セックスの相性(身体の相性)が大きくモノを言うということを理解しておいてほしい。

つまり、女性とセックスをするうえで、やってはいけないセックスプレイというのが存在する。
あなたがもし、モテる男を目指すのであれば、下記の10個の項目は絶対にやってはいけない。

【女性が嫌がる10のセックスプレイ】

1. 生で挿入する(避妊をしない)
2. 痛いだけのSEXにも関わらず、イク振りを強要
3. 前戯なしでいきなり膣へ挿入し、男だけ勝手に先にイッてしまう
4. 精液を飲ませる、顔射、お掃除フェラをさせる
5. 潮吹きをさせようと必死になる
6. 喉の奥まで飲み込ませるフェラチオを要求してくる
7. やたらと体位を変えて試す
8. アナルSEX
9. 身体中をべちゃべちゃ舐める
10.執拗な言葉責め

いかがだろうか。
上記のプレイは、AV(アダルトビデオ)の中ではごくごく当たり前の光景だ。

つまり、現実のSEXのセオリーとは、AVとは真逆なのだ。
世の中の男性は、ほぼAVで行われているセックスを参考にしている。
だから、ダメダメなセックスしかできない男が氾濫してしまう。

ちなみに女というものは、このようなセックスの不満や悩みは、相手には告げにくいもの。
ガマンしてしまうのだ。

だから、自分のセックスのダメダメさを認識できずにやらかしてしまっている男性はものすごく多い。

逆に言うと、ダメなセックスを理解し、それを避けるだけで、もはや立派なセックス上級者になれる。
女性が嫌がることをしないというセックスを心掛けるだけで、彼女が喜ぶセックスをすることができる。

フェアセックスの精神が重要

大阪 シュガーダディ

男も女もどちらも快適で気持ちがよい、そんな【フェアセックス】の精神をもとう。
まず先に彼女を幸せにして、その結果、自分も幸せになる・・・このようなマインドがモテ男だ

大前提として、女性は妊娠のリスクを常日頃抱えながらセックスをしているという事実を忘れないようにしてもらいたい。

それが理解できれば、コンドームなどの避妊なしで生で挿入するという行為は、いかに愚かなことかがわかるはず。

もちろん、妊娠のリスクだけではない。
性感染症のリスクも大いにある。

そういった不安を取り除いて、セックスに臨んであげるだけで、彼女からの信頼を勝ち得ることができるのだ。

女性に気遣わせない、リラックスしたセックスを提供しよう

女性が好きなセックスの種類

体感的に、8割以上の女性が「イクふりをしたことがある」感じだと思う。
セックスの際には、男側にかなり気遣ってくれていることがわかる。

クソみたいなセックスをして、喜んでいる男どもが多すぎるのだ。
いきなり胸を鷲づかみされて揉みしだき、膣内を思いっきりガシガシかき回す。
「もっと優しくしてほしい」という訴えを無視して、自分のしたいセックスをとことん追求する。
・・・こういうセックスは、最悪だ。

女としては、セックスでイケないと気まずくなるので、イクふりをしている。

このようなことが続けば、どうなるか。

「彼女をちゃんとイカせたし、オレも最高のフィニュッシュを決めたったぜい~」と、勝手に誤解し、男側だけが一方的に満足してしまっていることはかなり多い。

モテ男を目指すべき男性に忠告しておきたいことは、女性の性感帯にあった愛撫テクニックをきちんと身に着けるべきであろう。

愛撫方法の基本は、優しく丁寧にじらす、、、

自己満足のセックスにとどまることなく、彼女の意見を聞いて、それをちゃんと取り入れて、2人で楽しめるセックスができるように心がけていこう。

そのために勇気を出して、「オレのセックスはどうかな?」と相手女性に聞いてみよう。
こんな態度こそが大事なのだ。

なお、前戯はベッド上のことだけではない。
日々デートをしている時にも、その姿勢を垣間見せることができる。
たとえば、リラックスした雰囲気での食事、会話。
これも立派な前戯の一つだ。

部屋で2人きりになったら、くれぐれも挿入を急がないこと。
抱き合ったり、髪をなでたり、ほっぺたにキスしてイチャイチャしたり。
服の上から、ブラジャーが型崩れしない程度におっぱいを軽くもんであげる。

裸になれば、乳房、乳輪、乳首の側面、乳頭・・・この順でじらしながらおっぱいを愛撫していく。

風俗嬢ゲット解体新書

そして、パンツの上から、女性器を愛撫。
じわっと濡れてきたら、クリトリスの愛撫をしていく。

そこで膣内のGスポットを刺激する。

これらの流れの中で、浅めの位置から挿入を果たす。

このように簡単に説明しただけでも、セックスにおける愛撫の基本の流れがある。
これすら上手にできない男とのセックスで、嫌気がさしている女性は無数にいる。

前戯を優しく、丁寧にじらして行うことで、本当のイキにつながる。
是非ともこのことを心掛けてほしい。

もっとセックスについて研究したい男性は、下記の記事を参考にしてみてほしい。
かなり有益な情報が手に入るから。

セックス教室
『セックス教室 by デイドリーム』を実際に受講した体験記『セックス教室』を実際に受講してみた体験記、口コミ、評判などを渾身のレポート記事にまとめてみました。セックスの学校である『セックス教室』で行われているすべてを赤裸々に綴っています。...

 

【警告】コピーは違法です