風俗遊びの極め方

風俗嬢とプライベートのセフレ関係へ持ち込む【3つの秘策】

<レポート>ヤハ男爵(51歳)会社員・東京都在住

自慢ではないが、私のセフレはとある風俗店のナンバー1嬢である。
池袋でピンサロ嬢をしているのだが、月指名は200本前後というから、1日に平均すると毎日6、7本の指名が入っている計算になる。

その他にも、他店のヘルプでサービスすることもあるから、口は射精マシーンと化している。
そんなお口で、毎日プライベートでも抜いてもらっている私…。
人によっては気持ち悪いと思うだろうし、また、うらやましいと思う人もいるかもしれない。

LINEの恋愛メッセージ ↑↑上記をクリックしてみてください(無料メルマガ登録)

風俗嬢業界NO.1 アイドルのフェラチオを独占して、毎日が口内天国

池袋の風俗嬢

しかし、私の考えでは、「ナンバー1の女を自分のセフレ女にする」というのは難易度激高の特別なこと。

特に、1本いくらで支払いの行われる個人営業の向きが強いソープやヘルスと違って、給料制のピンサロは指名数で女の子の格が決まる。

とにかく、「ナンバー1嬢」というのは別格なのである。

 

ちなみに私のセフレの月収は200万円弱。
この数字は、他の女の子たちをダントツに引き離していて、同僚からも尊敬のまなざしで見られている。

しかし、単に容姿やサービスが良いというだけでは、ナンバー1になれるわけじゃない。
当然ながら、根性がないとナンバー1にはなれない。

以前、彼女は40℃の熱が出ても店に出て働き、営業終了とともに倒れて、救急車で運ばれていったことがあった。

そんな彼女とオレは、とある老舗出会い系サイトでたまたま知り合って、それから客としても何回か遊んだけれど、「お互いどこか気が合うね」ということで、色々と相談されているうちに仲良くなった。

そして今は、週に1回ほどコンスタントに会う仲を継続している。
基本的にピンサロ嬢というのは献身的なやさしい女が多いから、こちらがやりたくない時は、口で抜いてくれる。
普通にセックスする時も、必ず口でしてくれる。

そんな姿がいとおしくて、つい本気で好きになりそうになるのだが、そこはセフレの分をわきまえていないと、ろくでもないことになる。

あれこれ話してきたけど、まぁとにかく、ナンバー1ピンサロ嬢と個人的に知り合いというだけでも大したものだと自負している。

まして、プライベートでフェラチオしてもらっているなんて、こんな贅沢な話はないよね。

そんな訳で、風俗嬢の旬は短いだけに、今のうちにしっかり味わっておかないといけないなと考えている。

ジャンル別 フードル攻略術マトリクス

●ピンサロ嬢 金の損得より成りゆきでピンさロ嬢になってしまった女の子が多い。押しに弱いので、とにかく言葉巧みにセックスにもっていく。ただしナンバー1嬢のプライドはハンパじゃないので、難易度高め。
●ヘルス嬢 自堕落でもできるといえばできるが、本気で仕事に取り組むならば大変な労働。「ヘルス嬢はこうだ!」という定義がしづらいので、一般的な話はできないが、中年客が好きな女は狙いやすい。
●ソープ嬢 風俗の中でも別格の存在感があるソープの女たちの意識は、やや孤立したものである。同業者以外は馴染みにくい性格をしているので、とにかく彼女たちのことを理解しようとする心が大切。
本記事レポート投稿者
本記事レポート投稿者
それぞれタイプ別に風俗嬢の特性を理解し、それに合わせた口説き文句テンプレートを覚えるべし!

 

なお、下記『風俗嬢ゲット解体新書』には、この記事では紹介しきれなかった、風俗嬢に特化した口説き方のノウハウが満載です。プライベートで風俗嬢とタダマンしまくりたい男性は絶対チェックすべき内容間違いなし。

CHECK IT ! >> 『風俗嬢ゲット解体新書』

 

風俗嬢をセフレに落とすため、必要最低限のスキルをマスターしよう

風俗嬢は性欲の塊の男どもにサービスを提供する側で、とにかく疲れ切っている。

だからプライベートくらいは、逆に自分を癒して快感をもたらしてくれるセックスをしたいと考えるものだ。

・・・ということは、上手なセックスができるならば、風俗嬢がセフレ化するのも夢見ごとではなく、極めて現実的な話になってくる。

なので、最低限のセックススキルを身に着けておこう。

とはいえ、「そんなのどうやって身に着けるんだよ!」とお怒りの人もいるだろう。

そこに、「ただただエロ動画を見ているだけで、女をイカせるセックスというものがどういうことなのかを理解できる」AVが登場した。

名だたるAV男優である、しみけん氏がプロデュースしているから、内容にも非常に信ぴょう性が高く、再現性がある。

風俗嬢をセフレにしたい・・・そんな願望があるのであれば、最低限、このAVくらいはしっかりとチェックしておくべきである。

【警告】コピーは違法です