MENU
風俗遊びの極め方

池袋の風俗情報 地下フーゾクは危険かつ魅力的な匂いがプンプン

東京の風俗発信都市、池袋。
ここでは、表だった風俗だけではなく、【地下フーゾク】と呼ばれる、怪しくも隠微なエロエロコミュニティが存在するという。

各地に情報網をもつ我が編集部が、突撃取材を敢行。
とっておきの情報を入手してきたので、是非ともあなたの情報網にインストールしてくだされ。

LINEの恋愛メッセージ ↑↑上記をクリックしてみてください(無料メルマガ登録)

池袋のネカフェに出没する、格安サービス女の存在

コロナ渦で風俗業界もど不況真っただ中。
その影響で風俗デフレが続く昨今、池袋の完全個室のネットカフェ『C』では手コキ2千円の援交女が出没中だという。

援交女に出くわした伊藤さん(会社員・38歳)は語る。

「見るからに地味なオタク系JDといった女なんですが、『おヒマですか?』って話しかけてくるんですよ。

いや、別にこっちはヤリたいオーラを出してたわけじゃないですよ。こちらはエロ漫画を貪り読んでいた途中でしたからね。

だから最初は『は?』って感じでした」

出没時間は、さほど店内が混み合ってもいない午後3時という時間も意外なのだが、援交女のルックスも意表を突いていた。

化粧っ気も男を誘う色気もない、ひたすら地味そうな女だという。

しかしその女は場数だけは踏んでいるようで、前出の伊藤さんの反応を鋭い目つきで視察しながら、スマホの画面をかざして見せてきた。

そこにはこう表示されていた。
[👌2↑・👄4↑・😃8↑・😳10↑]

一瞬戸惑った伊藤さんだったが、スマホ画面に表示される暗号解読を試みた。

これは財布の中身と援交女のレベルを勘案して[👌2]のコースを選択し、ピースサインをしてみせた。

交渉成立。
2人は伊藤さんの個室に入った。

前払いで2千円を渡しそうっとズボンを脱いだ伊藤さん。
援交女が携帯していたウェットティッシュでチ●コを拭くと、意外なソフトタッチであっという間にビンビンに。

伊藤さんは語る。
「手コキ2千円は安いですが、テクニックはプロ並でしたね。

ウェットティッシュで拭きながら、快感ポイントを寸分たがわずフェザータッチしてくるんですから。

これは!と思って両手でピースサインを出しましたね」

読みは当たった。
音をさせないようにチ●ポを口に含むと、ぬめった温かい舌がうねるように絡み付いてきた。

ものの数分で伊藤さんは絶頂に達し、最後は手コキでフィニッシュ

大満足の伊藤さんは、それからも頻繁にそのネットカフェに通っているが、今のところ再開は果たせていない。

どうせなら追加で4千円払って😃にすればよかった、と伊藤さんは今も後悔しているそうだ。

「それが何を指しているかは確信が持てませんが、たぶん悪くないですよ」

研究熱心な紳士淑女がセックスを学ぶ、エロくて真面目な(?)パーティ

痴女サークル

一時期ほどの盛り上がりはないのかも知れないが、それでもしっかり“性社会”に組み込まれた感のある【大人のパーティ】

中にはBBAばっかりで思い出すのもおぞましいものや、金を取るだけ取って結局ヤレないものもあるというが、都内某所で行われているパーティーには、20~30代の大人の女性を中心に、本物の素人たちが夜ごと群れ集っているという。

 

この集客力の秘訣とは、どこにあるのだろうか……。

「一緒に〝セックス〟を学んでみませんか」……この大人のパーティグループは、そう呼びかけることで警戒する慣れない男女を呼び集めることに成功している。

その名も『痴女サークルSAFARI』という団体で、一見すると、つい淫靡な世界を想像してしまうが、主催者はそのように見られることには抵抗があるという。

「セックスだけとか、乱交パーティーというわけではありません。

あくまで純粋な意味での『男と女の性に関する勉強会』です。

男と女の、精神的・肉体的なことを勉強していくと、セックスが重要になるというだけのことです」

この痴女サークル、都内高級ホテルのスイートを使用する勉強会には、週末などの2日間開催で、見学者も含め、20人~30人が集まる。

「体と気持ち、セックスについて幅広く勉強をします。
その結果、実践もするわけですが、私は会員さんに直接手を出すことはありません。

もちろん、アドバイスはしますが」

誰でも参加できるというわけではないのではあるが・・・
ただのエロ目的で参加しようとする男性も多いらしい。

お互いの信頼関係がないと成立しないパーティーだからこそ、セレブ妻も多く参加しているという。

さまざまな女性たちが、セックスについて積極的になっている現状を、このように指摘する。

「ある有名女優さんもお忍びで参加されてたことがありますよ(笑)。

カップルでの参加も大歓迎ですが、今のところ単独参加が多いです。ネットからの応募だけではなく、知人からの紹介も多いですね。

そしてどんどんリピーターとなっていきます。

名産地からわざわざワインを持ってきてくれる女性もいて、ありがたいです。
会員さんの協力で成立しているところもありますね」

興味を持たれた方は、下記から探してみるといいのではないだろうか。

>> 痴女サークル『SAFARI』 <<

【警告】コピーは違法です